テキストリンク
テキストリンク

四十肩、五十肩

四十肩、五十肩とは

四十肩五十肩とは

四十肩五十肩はほんとにつらいですね。
痛くて、痛くてたまりませんね。
そこで、四十肩五十肩とはどのようなものかを理解しておきましょう。

四十肩五十肩とは
中年以降に発症する。肩の痛みと運動制限を主とするもので、退行変性(加齢による筋力の低下と衰え)を基盤とする。痛みは肩部に生ずるが腕の方まで痛みを訴える事もある。主として鈍痛。夜間や冷えた時などに痛む事が多い。動きとしては髪をとく時や電車の吊革を持つ時、手を後ろに回す時などに痛みが出る事が多い。四十肩とは40代のひとがこの症状になった時の呼び方で、五十肩は50代のひとがこの症状になった時の呼び方ですので症状は同じです。

四十肩の原因
個人差がありますが、40歳から50歳にかけて筋力の低下が著しく現れ、特に背筋群(身体を反らす筋肉)の筋力低下が見られます。そのため拮抗筋である身体を前に倒す筋肉が優位に働き、身体全体が丸くなり(猫背のような感じ)肩が前に出てきます。これにより胸の前の筋肉(大胸筋など)の緊張が強くなり肩の動きが制限されます。

時として外傷がきっかけになることもあります。また運動不足などによる筋力の低下や、柔軟性の欠如等も原因になります。

このサイトでは、四十肩、五十肩の解消法を紹介します。
この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。