テキストリンク
テキストリンク

肩こりとは

肩こりとは

肩こりで悩んでいる方は多いですよね。
なぜ、肩こりになるのでしょうかね?

首筋から肩甲骨の筋肉(僧帽筋など)が緊張したり硬直したりして不快感を伴う状態を肩こりと呼ぶ。小児には発症せず、女性に多いとされる。不適な姿勢、過労、ストレスなどの要因のほか、高血圧、自律神経失調症などの疾患によって発症する二次性の症状もある。治療には温浴、マッサージ、軽い運動などが効果的である。ちなみに、他の国に肩こりに相当する 言葉は見当たらない(肩がこるという事自体が特別な症状と考えられてこなかったなどの文化的な背景の違いが理由として挙げられる)。日本に来た外国人の中には、「肩こりという言葉を知ってから肩こりになった」というものもいる。

日本人に肩こりが多いのは、
日本人の骨格は、首と頭のバランスが悪く、首や肩のまわりの筋肉に負担がかかりやすいからだと言われているそうです。

さらに、長時間にわたって同じ姿勢でいることや、ストレスなどで、とても肩こりになりやすい生活を送ってしまっています。

このサイトでは、肩こり解消法について紹介します!

四十肩、五十肩

四十肩、五十肩とは

四十肩五十肩とは

四十肩五十肩はほんとにつらいですね。
痛くて、痛くてたまりませんね。
そこで、四十肩五十肩とはどのようなものかを理解しておきましょう。

四十肩五十肩とは
中年以降に発症する。肩の痛みと運動制限を主とするもので、退行変性(加齢による筋力の低下と衰え)を基盤とする。痛みは肩部に生ずるが腕の方まで痛みを訴える事もある。主として鈍痛。夜間や冷えた時などに痛む事が多い。動きとしては髪をとく時や電車の吊革を持つ時、手を後ろに回す時などに痛みが出る事が多い。四十肩とは40代のひとがこの症状になった時の呼び方で、五十肩は50代のひとがこの症状になった時の呼び方ですので症状は同じです。

四十肩の原因
個人差がありますが、40歳から50歳にかけて筋力の低下が著しく現れ、特に背筋群(身体を反らす筋肉)の筋力低下が見られます。そのため拮抗筋である身体を前に倒す筋肉が優位に働き、身体全体が丸くなり(猫背のような感じ)肩が前に出てきます。これにより胸の前の筋肉(大胸筋など)の緊張が強くなり肩の動きが制限されます。

時として外傷がきっかけになることもあります。また運動不足などによる筋力の低下や、柔軟性の欠如等も原因になります。

このサイトでは、四十肩、五十肩の解消法を紹介します。

肩とは

肩(かた)とは

肩(かた)とは

肩こり、つらいですね。
肩凝り(こり)に悩んでいる人は多いですね。
あなたも肩こりに悩んでいるのでは???
そこで、まず、肩について勉強しましょう!

肩(かた)とは、ヒトおよび哺乳類の胴体のうち、腕、前肢、翼に接している部分のことである。一般に球関節の構造を持ち、回転、旋回などの複雑な動作が可能である。また、多くの筋肉から構成されており、強い力を出すことができる。

頂上より少し下がった平らな部分を山の肩、瓶の肩などと呼ぶことがある。また、地位、身分、称号などのことを、氏名の右上に記すことから肩書きと呼ぶ。肩で荷物を担ぐことから転じて、力、負担、責任などを指すことがあり、肩を貸す、肩の荷が下りるなど多くの成句・慣用句がある。

デスクワークなどで長時間同じ姿勢を続けていると、肩付近の筋肉に不快感や痛みを訴える肩こりの症状が現れやすい。この場合の肩とは、上記の解剖学的な意味に加えて、首(頚部)も含めることがある。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。